国営武蔵丘陵森林公園について

 国営武蔵丘陵森林公園は、明治百年記念事業の一環として、埼玉県比企郡滑川町と熊谷市楊井にまたがる304haの広大な丘陵地に整備された、全国で初めての国営公園です。

公園は雑木林を中心に、池沼、湿地、草地など多様な環境を有しており、貴重な動植物が生育・生息する場所となっています。また、首都圏において自然を身近に感じ、親しめる場所として活用されています。

 

公園のスタッフは、
〇改札・駐車場(南口・中央口・西口・北口 各計4ケ所)
〇レストラン(展望レストラン・中央レストラン 計2ケ所)
〇売店(南口休憩所売店、中央口休憩所売店、植物園売店等 季節によって変動あり)
〇レンタサイクリング(南サイクリングセンター・中央サイクリングセンター・西サイクリングセンター等)
〇園内バス
等でお客様をご案内して、森林公園で快適な一日をお過ごしいただけるよう、 スタッフ一同、心を込めて頑張っています!